PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館


© womaninblack.com

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館


『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』( - ぼうれいのやかた、The Woman in Black)は、2012年のイギリスのホラー・スリラー映画。スーザン・ヒルの小説『黒衣の女 ある亡霊の物語(英語版)』を原作とし、ジェームズ・ワトキンスが監督、ジェーン・ゴールドマンが脚本を執筆、製作はハマー・フィルム・プロダクションである。出演はダニエル・ラドクリフ、キーラン・ハインズ、ジャネット・マクティア、ソフィー・スタッキー、リズ・ホワイトらである。北米では2012年2月3日、イギリスでは2012年2月10日に公開された。

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


アーサー・キップス - ダニエル・ラドクリフ
サム・デイリー - キーラン・ハインズ
エリザベート・デイリー - ジャネット・マクティア
ジェネット・ハムフュ - リズ・ホワイト
ミスター・ベントレー - ロジャー・アラム
ジェローム - ティム・マクマラン
ジョセフのナニー - ジェシカ・レイン
ケックウィック - ダニエル・セルクェイラ
フィッシャー - ショーン・ドゥーリー
ミセス・フィッシャー - メアリー・ストックリー
PC・コリンズ - デビッド・バーク
ステラ・キップス - ソフィー・スタッキー
ルーシー・ジェローム - ミーシャ・ハンドレイ
ジョセフ・キップス - イーファ・ドハーティ
ジェラルド・ハーディ - ヴィクター・マクガイア

 監督:ジェームズ・ワトキンス
 製作:リチャード・ジャクソン、サイモン・オークス、ブライアン・オリヴァー
 脚本:ジェーン・ゴールドマン
 原作:スーザン・ヒル『黒衣の女 ある亡霊の物語』

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [DVD]
(2013/06/04)
ダニエル・ラドクリフ、キーラン・ハインズ 他

商品詳細を見る



あらすじ (ストーリー)
動画:(洋画)ウーマンインブラック~亡霊の館 吹替19世紀末のロンドン。若手弁護士アーサー・キップス(ダニエル・ラドクリフ)は事務所所長から、田舎町クライシン・ギフォードにある“イールマーシュの館”で、他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺産整理に必要な遺言書の捜索を指示される。さらに所長は、4年前に最愛の妻を亡くしてから仕事に身が入らないアーサーに、この仕事をやり遂げないと解雇すると通告。アーサーは火曜日にロンドンを発ち、仕事が終わった週末は息子ジョセフを現地に呼び寄せ、一緒に過ごす計画で旅立つ。列車内で紳士のサム・デイリー(キアラン・ハインズ)と知り合い、町に到着するが、宿の主人や地元弁護士の態度には歓迎せざる空気が漂っていた。翌日、人里離れた沼地で陰鬱に佇む館に出向いた彼は、文書整理を進めるうちにナサニエルという7歳の少年の死亡証明書を発見。沼地で溺死したこの少年の遺体は未発見だった。やがて、森の中に立つ黒衣の女を目撃するアーサー。その報告に訪れた警察では、真っ青な顔をした少女が現れ、目の前で息絶える。木曜日。少女が警察で亡くなったのは、館への訪問が原因だと主張する村人たちの制止を振り切って出かけたアーサーは、再び黒衣の女を目撃。その部屋で、ナサニエルの死の真相と、その母ジェネットが、息子の命を守れなかった姉のアリス宛てに呪いの言葉を記した手紙を発見する。ジェネットが自殺した事実を知ったアーサーは、怪奇現象に遭遇し、一連の事件原因が彼女の呪いだと確信。町の住人を憎むジェネットが、子どもたちの命を奪い続けていたのだ。“あの女の姿を見ると、必ずその人の子どもは死ぬ”。デイリーの妻エリザベス(ジャネット・マクティア)の警告に、アーサーは戦慄する。今日は金曜日。夜には家政婦とともにジョセフがやってくる。息子の命を救うには、ナサニエルの遺体をジェネットに返すしかないと考えたアーサーは、デイリーとともに遺体が眠る沼地へ向かうが……。

動画視聴 : 吹替

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。