PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ブギーマン


© kadokawa-pictures.jp

ブギーマン


『ブギーマン』(原題: Boogeyman)は、2005年製作のアメリカ合衆国の映画である。「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ製作によるモンスター・ホラー。幼い頃のトラウマを克服し、クローゼットに潜む怪物ブギーマンに立ち向かおうとする青年の戦いを描く。

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


ティム:バリー・ワトソン
ケイト:エミリー・デシャネル
ジェシカ:トリー・マセット
フラニー:スカイ・マコール・バチュシアック
メアリー(ティムの母):ルーシー・ローレンス
ティムの父:チャールズ・マシュー
マイク:フィリップ・ゴードン

 監督:スティーヴン・ケイ
 脚本:エリック・クリプキ 、ジュリエット・スノードン 、スタイルズ・ホワイト
 製作:サム・ライミ 、ロバート・タパート

ブギーマン [DVD]ブギーマン [DVD]



あらすじ (ストーリー)
動画:ブギーマン 吹替青年ティム(バリー・ワトソン)は、8歳の時のある夜、父親が自室のクローゼットから現れた影のような化け物・ブギーマンに襲われるのを目撃。それ以来、父親は行方不明となる。ティムはいつの日かブギーマンが自分を連れ去りにやってくるのではないかと脅えながら生きてきた。母親メアリー(ルーシー・ローレス)の訃報が届き、母親の葬儀のため、忌まわしい記憶がこびりつく故郷の田舎町に戻ることになる。葬儀を済ませ、陰気に沈みきった雰囲気の実家に足を踏み入れた彼は、クローゼットで恐ろしい怪現象を体験する。そしてティムは、自分と同じようにブギーマンが存在することを知る不思議な少女フラニー(スカイ・マコール・バチュシアック)と出会い、彼女と心を通わせていく。やがてティムを慰めるため、恋人のジェシカ(トリー・マセット)が車を走らせてやってきた。ふたりはティムの実家を離れ、モーテルに泊まることにするが、バスルームに入ったジェシカが謎の失踪を遂げる。モーテル内を捜索していたティムは、なぜか次の瞬間、暗い実家の中で我に返る。幼なじみのケイト(エミリー・デシャネル)に事情を説明し、彼女とともにモーテルへと急行するティム。やはりバスルームにはジェシカの姿はなく、誰のものかわからない血痕がバスタブに付着していた。ジェシカがブギーマンに連れ去られたのではないかという疑念を強めるティム。大混乱のさなかフラニーと再会したティムは、彼女から、自分を救えるのは自分自身しかいないと告げられる。やがてティムは自分自身と身近な人々の人生を守るため、実家のクローゼットの暗闇で待ち受ける邪悪な怪物ブギーマンとの直接対決に身を投じる。

動画視聴 : 吹替

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。