PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還


© movies.foxjapan.com

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還


『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』( - きかん、Star Wars Episode VI Return of the Jedi)は、1983年に公開されたアメリカのSF映画。
1983年に公開された作品は、日本では『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』と題され、《特別篇》公開時にもそれが踏襲されていたが、後に変更された。

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


ルーク・スカイウォーカー:マーク・ハミル
ハン・ソロ:ハリソン・フォード
レイア・オーガナ:キャリー・フィッシャー
ダース・ベイダー:デビッド・プラウズ(演)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(声)、セバスチャン・ショウ(素顔)
オビ=ワン・“ベン”・ケノービ:アレック・ギネス
ヨーダ:フランク・オズ(操作・声)
C-3PO:アンソニー・ダニエルズ
R2-D2:ケニー・ベイカー
ランド・カルリシアン:ビリー・ディー・ウィリアムズ
チューバッカ:ピーター・メイヒュー
パルパティーン:イアン・マクダーミド
アナキン・スカイウォーカー:セバスチャン・ショウ
ウィケット・W・ウォリック:ワーウィック・デイヴィス

監督:リチャード・マーカンド
製作:ハワード・カザンシャン
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
脚本:ローレンス・カスダン、ジョージ・ルーカス

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]
(2006/09/13)
マーク・ハミル、ハリソン・フォード 他

商品詳細を見る



あらすじ (ストーリー)
動画:(洋画)スターウォーズ エピソード6 字幕遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は惑星タトゥイーンに住む犯罪王、ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出する。
その後、修行を終えるため惑星ダゴバに戻ったルークは、死の床にあった師ヨーダと霊体として現れたオビ=ワン・ケノービから、ダース・ベイダーの正体がかつての彼の父アナキン・スカイウォーカーであること、さらにもう一人のアナキンの子供の存在を知らされる。
一方、帝国は森の惑星エンドアの軌道上に第2デス・スターの建造を進めており、最終段階視察のためにベイダー、更に皇帝パルパティーン自らが来訪していた。その情報を入手した同盟軍は、アクバー提督の下で全勢力をつぎ込んだ最後の反攻作戦を立案する。デス・スター攻撃隊長に志願したランド・カルリシアンにミレニアム・ファルコン号を貸したソロは、ルーク、レイア達を加えた潜入部隊と共に、デス・スターを護るシールド発生施設の破壊のためエンドアへと向かう。
エンドアの森の中で、ルーク等は原住民イウォーク族と遭遇、彼らの協力を得ることに成功する。ベイダーの存在を感じたルークは単身帝国軍に投降、ベイダーと対面した彼はかつてのジェダイとしての魂を取り戻す様に呼びかけるが、応じないベイダーは彼をデス・スターの皇帝のもとに連行する。
やがて同盟軍の反攻作戦が開始されるが、ソロ達潜入部隊は待ち構えていた帝国軍に捕えられ、ランドら攻撃部隊はシールドとスター・デストロイヤー艦隊の挟み撃ちに遭う。全ては皇帝の仕掛けた罠であった。絶望的な戦況の中、ベイダーと刃を交えながら必死にダークサイドに抵抗するルーク。一方のソロ達も、イウォーク族の応援を得て反撃を開始する。攻撃隊を指揮するカルリシアンは、ソロがシールドを破壊してくれることを信じ、帝国艦隊を前に同盟軍の様々な戦闘機が入り乱れた必死の総力戦を繰り広げていた。そしてついにルークとベイダーの宿命の対決に終止符が打たれることとなる。

動画視聴 : 字幕吹替

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。