PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

笑っていいとも!


© 2014 フジテレビジョン

最終回


2014年3月31日をもって放送が終了のため、当番組は、本来2013年をもって放送が最後となるはずだったが、通常放送最終回となった、2014年3月31日の夜に集大成として『笑っていいとも!グランドフィナーレ 感謝の超特大号』が放送されることとなった。
『グランドフィナーレ 感謝の超特大号』は、番組冒頭、メインスタジオステージ反対側に初代の番組スタジオセットを再現した、特設ステージで第1回目放送当時のオープニングを再現[102]し、その後スタジオアルタから移設した、放送終了時点でのスタジオセットに移動させ、特大号(グランドフィナーレ)バージョンの「ウキウキWatching」を大合唱した。
総合司会の森田一義(タモリ)の憧れである吉永小百合(女優)が、同年10月11日公開予定の主演映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地である、千葉県南房総市から中継で生出演を果たした。この時、タモリが当時に長寿トークコーナー「テレフォンショッキング」を企画したきっかけ、最終目標が吉永の出演という裏話も披露された。
明石家さんまが「テレフォンショッキング」形式で登場した後、「タモリ・さんまの日本一の最低男」の名物コーナーが復活をした。数十分トークした後、ダウンタウン(浜田雅功・松本人志)、ウッチャンナンチャン(内村光良・南原清隆)、とんねるず(石橋貴明・木梨憲武)、爆笑問題(太田光・田中裕二)、ナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)が乱入し、豪華共演が実現した。とんねるずとダウンタウン、ダウンタウンと爆笑問題に不仲説があることから、とんねるずと爆笑問題が登場した時、松本が「ネットが荒れる!」などと不仲説を逆手に取って笑いにした。
中盤では、現全曜日レギュラー陣がお世話になったタモリに対して感謝のスピーチを各メンバー行っていき、終盤にはタモリ自身が視聴者・番組共演者・スタッフに対して感謝のスピーチを行った。
エンディングでは、全出演者・出席者総出で「ウキウキWatching」の大合唱。最後にタモリが「それじゃあ、また明日も見てくれるかな!?」と叫ぶと、全出演者・出席者全員で「いいとも!!」とコール。これにより「森田一義アワー 笑っていいとも!」の31年半の歴史に幕が下ろされた。

最終日 (2014/03/31)




グランドフィナーレ感謝の超特大号






関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。