PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1:承認待ちコメント by on 2016/02/22 at 14:32:20

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   

トクボウ警察庁特殊防犯課


© YOMIURI TELECASTING CORPORATION.

トクボウ警察庁特殊防犯課


『トクボウ 警察庁特殊防犯課』(トクボウ けいさつちょうとくしゅぼうはんか)のタイトルでテレビドラマ化。2014年4月3日より毎週木曜日23:59 - 翌0:54に、読売テレビ制作・日本テレビ系列の「木曜ドラマ」枠で放送[1]。主演は伊原剛志[2]。キャッチコピーは「この世には、よからぬ害虫が多すぎる。」。

トクボウ警察庁特殊防犯課 エピソード一覧


第1話 「人気フレンチで謎の死食品偽装の罠を暴け!」
第2話 「女子高生お散歩の罠! 秋葉原に潜む闇を暴け」
第3話 「人気美容商品に隠された女の愛憎劇を暴け!」
第4話 「復讐サイトで女装殺人 FBI帰りの天才登場」
第5話 「ブラック企業の洗脳術 親友の自殺の真相暴け」
第6話 「人材派遣会社の魔の手 警察に軟禁の彼女救え」
第7話 「派遣ボーイフレンドに隠された悪徳手口暴け」
第8話 「危険なキャンプに潜入 禁断の恋が動き出す!」
第9話 「朝倉警視が洗脳される愛と裏切りの逃亡劇!」
第10話 「悲しきオレオレ詐欺! 個人情報を売る弁護士」
第11話 「家族引き裂く脱法薬物 通り魔事件の真相暴け」
第12話 「遊園地で爆破テロ!? 拉致された美女を救え
第13話 (最終話)

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


朝倉 草平(警視) - 伊原剛志
叶 美由紀(警視正・朝倉の上司) - 安達祐実
柏木 幸男(警視長・叶の上司) - 宅間孝行
辻 恵一(巡査) - 松下洸平
武士沢 義人(巡査長・辻の先輩刑事) - 渡邉紘平
高清水 剛士(警部・辻の上司) - 奥田達士

トクボウ警察庁特殊防犯課 1 (SHUEISYA HOME REMIX)トクボウ警察庁特殊防犯課 1 (SHUEISYA HOME REMIX)
(2014/04/04)
高橋 秀武



●第1話 「人気フレンチで謎の死食品偽装の罠を暴け!」

 放送日 2014年4月3日 視聴率 5.8%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #1あらすじ
津村愛(多岐川華子)のマンションで、恋人の吉岡努が急死した。豊島署の刑事・辻恵一(松下洸平)と武士沢は、遺体に外傷がないことから病死と推測、事件性はないと見立てるが…。「病死だから事件ではない、とはいえない」と異を唱える男が現れた。「この世は害虫であふれている…」などと終始、虚無感を漂わせるその男は、警視・朝倉草平(伊原剛志)。

吉岡の死因は、大豆を食べたアナフィラキシーショックと判明。普段から決して大豆を口にすることがなく、外食の際は食材の確認を怠らなかった吉岡が、なぜ? 何者かが本人にはわからないように大豆を食べさせたのだろうか…。殺しの可能性が浮上するなか、辻は上司の高清水に、朝倉の捜査を手伝うよう命じられる。なんでも朝倉本人が辻を指名してきたらしい。「豊島署のために、本庁の警視の信頼を勝ち取るんだ!」辻は、高清水や武士沢の期待を一身に背負うのだった。▼続きを見る

ゲスト:名高達男、高橋洋、多岐川華子、工藤優太

動画視聴

●第2話 「女子高生お散歩の罠! 秋葉原に潜む闇を暴け」

 放送日 2014年4月10日 視聴率 4.0%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #2あらすじ
東京・秋葉原。喧騒の中、我が物顔で歩く女子高生・坪倉かおり(足立梨花)の前に一人の中年男が立ちはだかった。
「俺の事覚えてるよね」と言い寄る熊本雅夫を、かおりは鼻であしらい去っていく…。
「コケにしやがって…」カッターナイフを手に、かおりの背中に体当たりする熊本!だが刃は革の鞄に遮られ…。

「銃刀法違反、いや違うな。殺人未遂かな?」鞄の持ち主がそう告げる──警察庁特防課の警視・朝倉草平(伊原剛志)だ!
「ああああぁ、あいつらは悪魔だ…」泣き叫ぶ熊本の姿を見て、朝倉は嘆く。「ああ…死にたい…」と。▼続きを見る

ゲスト:足立梨花、落合モトキ、市川しんぺー

動画視聴

●第3話 「人気美容商品に隠された女の愛憎劇を暴け!」

 放送日 2014年4月17日 視聴率 4.4%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #3あらすじ
ビルの屋上から杉山亜紀という中年の女性が転落した。現場検証に群がる野次馬の中に、警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)の姿があった。

朝倉と豊島署の巡査・辻恵一(松下洸平)は、今話題の美のカリスマ・綾野百合子(冨樫真)が経営する『ユリズケア』のエイジレス講座に参加する。百合子が発する言葉と、その美しさを称賛する中年女性たちが、次々と会員契約する様を目撃する。なんでもここのサプリメントや基礎化粧品を使うと10歳は若返るらしい。会員に勧誘され困っている辻に、「無理強いはよくないですよ」と助け舟が…。塩田ヒトミ(南野陽子)という会員の一人だ。美人なのに、気さくなヒトミに好感を抱く辻。ちょっぴりいいムードが漂う…。▼続きを見る

ゲスト:南野陽子、冨樫真、飯田基祐、城山美佳子

動画視聴

●第4話 「復讐サイトで女装殺人 FBI帰りの天才登場」

 放送日 2014年4月24日 視聴率 4.2%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #4あらすじ
豊島区のマンションで、OLの木原聖子が性的暴行を受けたあげく、ロープで縛られて吊るされた遺体となって発見された。部屋は荒らされ、財布からは現金とカードが抜き取られていたが…。豊島署の刑事・辻恵一(松下洸平)と武士沢義人(渡邉紘平)は、この残忍な手口から、単なる物盗りではなく、動機は怨恨ではないかと推測する。
だがそこに、「グーッド! バット、惜しい」という場違いに陽気な声が響いた。高級スーツを身にまとったその男は、アメリカでの研修を終え帰国したばかりの警視庁の警視・伊達鉄人(川平慈英)。FBI仕込みのプロファイリングを得意気に披露し、この犯行は秩序型の快楽殺人であると見立てた。その論理的な分析力に、「…すごい」と尊敬の念を抱く辻であった。▼続きを見る

ゲスト:阪田マサノブ、棚橋ナッツ、西丸優子、高橋良輔

動画視聴

●第5話 「ブラック企業の洗脳術 親友の自殺の真相暴け」

 放送日 2014年5月1日 視聴率 4.1

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #5あらすじ
九条エレクトロニクスの工場内で、派遣社員が首吊り自殺を図った。臨場した豊島署の巡査・辻恵一(松下洸平)は、遺体を見て愕然とする。中学時代の友人・富永翔太(木村トモアキ)だったのだ。「前向きで明るいやつだったのに…」。遺書には『希望を失い、もう生きている意味がありません』と書かれていた。
一足先に、警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)が、従業員たちを聴取していた。「矯正執行の裏取りをしてるんですよね!」と富永の自殺が信じられない辻は、この工場に何らかの問題があるに違いないと睨むが…。▼続きを見る

ゲスト:国広富之、升毅、矢島健一、阿部朋子

動画視聴

●第6話 「人材派遣会社の魔の手 警察に軟禁の彼女救え」

 放送日 2014年5月8日 視聴率 3.8%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #6あらすじ
柏木警視長(宅間孝行)に命じられた保安課の依田刑事(結城貴史)たちが、 警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)の行方を追っていた。
追いつめられた朝倉は、不本意ではあるものの、警視庁の警視・伊達鉄人(川平慈英)に助けを求める。

一方、監察に連行された朝倉の上司・叶美由紀(安達祐実)に対する、松山警視監(矢島健一)の取り調べが続いていた。「罪を認めれば穏便に済ませて退職金も出るようにする」という松山に、決して屈しない叶であった。▼続きを見る

ゲスト:吉田鋼太郎、川野直輝、升毅

動画視聴

●第7話 「派遣ボーイフレンドに隠された悪徳手口暴け」

 放送日 2014年5月15日 視聴率 4.7%

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #7あらすじ
警察庁特殊防犯課の叶美由紀(安達祐実)は、ツルイ警備の創業者・鶴井浩二(吉田鋼太郎)の息のかかった官僚・企業を矯正執行の対象から除外すると決断した。
「鶴井派を敵に回せば、警察にいられなくなる。鶴井派を止めるのは、私ひとりの仕事よ」そう告げる叶を、部下の朝倉草平(伊原剛志)は複雑な思いで見つめる…。

豊島署の辻恵一(松下洸平)は、別れ話で揉め合う男女の修羅場に遭遇するが…。
男は車からゴミのように女を捨てて走り去って行き、泣きじゃくる女性も逃げるように去って行った。▼続きを見る

ゲスト:岡本玲、姜暢雄

動画視聴

●第8話 「危険なキャンプに潜入 禁断の恋が動き出す!」

 放送日 2014年5月22日 放送予定

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #8あらすじ
病に倒れた元民自党副総裁の大藪公平(品川徹)の見舞いに、警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)が訪れた。朝倉の母親は大藪の正妻ではなかったが、大藪にとって朝倉はたった一人の息子であった。「大藪公平の息子だと名乗れば、お前の行く手を阻むものはこの国にはない」と己の後継者に朝倉を指名する大藪。だが朝倉は「母さんの葬式にも顔を出さなかった男の名前なんか、名乗ってたまるか!」とそれを拒否した。
結局、大藪は野心むき出しで擦り寄って来るツルイ警備代表・鶴井浩二(吉田鋼太郎)を後継者に受け入れた。権力をむさぼる大藪と鶴井、朝倉はそんな二人との闘いを決意する。▼続きを見る

ゲスト:芳賀優里亜

動画視聴

●第9話 「朝倉警視が洗脳される愛と裏切りの逃亡劇!」

 放送日 2014年5月29日 

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #9あらすじ
警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)は、豊島署の巡査・辻恵一(松下洸平)と共に、ツルイ警備訓練キャンプ“ルキフェル”の潜入捜査を続けていた。
人里離れた山奥の施設に、ツルイ警備代表の鶴井浩二(吉田鋼太郎)が視察に訪れる。森田施設長(川野直輝)が心酔した目で見つめる中、演説を行う鶴井は、国の現状を憂いながらも、この国を護り、次の世代に残すことが重要だと説く。「すべては諸君が行う日本総警備計画にかかっている」と力強く話す鶴井を、朝倉はじっと見据える。▼続きを見る

ゲスト:芳賀優里亜、小西博之、阿部亮平

動画視聴

●第10話 「悲しきオレオレ詐欺! 個人情報を売る弁護士」

 放送日 2014年6月5日 

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #10あらすじ
スナック経営者の三嶋幸恵(水木薫)が、店で死んでいるのが発見された。豊島署は自殺と判断したが、遺体の傍らには亀の置物が残されているだけで遺書はなく動機は不明であった。遺体の引き取りに来た息子の陣内幸助(大和田健介)に対応する巡査の辻恵一(松下洸平)。警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)も同席する。だが、幸助は遺体の引き取りを拒否。18年前、男をつくって駆け落ちした幸恵は、戸籍上では他人だというのだ。「でも、あなたを産んでくれたお母さんですよ」と辻は言うが「母親の愛情なんか感じたことがない」と幸助は言い放つ。そんな中、幸助は子供の頃からの持病だという喘息の発作を起こしてしまって……。▼続きを見る

動画視聴

●第11話 「家族引き裂く脱法薬物 通り魔事件の真相暴け」

 放送日 2014年6月12日 

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #11終あらすじ
警察庁特殊防犯課と対立するツルイ警備の鶴井浩二(吉田鋼太郎)が、朝倉草平(伊原剛志)に接近。独裁者のごとく世直しを目論む鶴井は、朝倉から大きな損失を強いられながらも、朝倉の政治家としての素質を見出し、仲間に引き入れようとしていた。だが朝倉は、これまで以上の圧力や妨害を覚悟し、鶴井と闘うことを決意。上司の叶美由紀(安達祐実)に報告する。さらに、鶴井に捨てられた森田勝利(川野直輝)に対して償うことも心に決める。▼続きを見る

動画視聴

●第12話

 放送日 2014年6月19日 

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #11終あらすじ
ツルイ警備代表、鶴井浩二(吉田鋼太郎)の元側近・森田勝利(川野直輝)は、警察庁特殊防犯課の警視・朝倉草平(伊原剛志)への復讐を決意。北柴田法務大臣の令嬢・マリエ(岡本玲)を朝倉の婚約者と勘違いして拉致監禁する。
女性を憎悪する森田は、朝倉から手ほどきを受けた緊縛でマリエをいたぶる。▼続きを見る

動画視聴

●第13話 (最終話)

 放送日 2014年6月26日 

動画:トクボウ 警察庁特殊防犯課 #11終あらすじ
ツルイ警備代表・鶴井浩二(吉田鋼太郎)は、警察庁の柏木警視長(宅間孝行)を利用し、新たに自作自演のテロを計画する。柏木の不審な行動を怪しんでいた特殊防犯課の叶美由紀(安達祐実)は、ツルイ警備の毒島隊長(菅田俊)らによって監禁される。そこはテロの舞台となる遊園地であった。。▼続きを見る

動画視聴

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
1:承認待ちコメント by on 2016/02/22 at 14:32:20

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。