PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部


© tv asahi

TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部


『TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部』(ボーダー けいしちょうそうさいっかさつじんはんそうさだいよんがかり)のタイトルで、2014年4月10日から毎週木曜日21:00 - 21:54にテレビ朝日系列の「木曜ドラマ」枠にて放送。金城一紀によるオリジナル脚本で、連続ドラマでは珍しく当初から結末までプロットを制作して撮影されている

TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 エピソード一覧


第1話 「座らされた毒殺死体の謎」
第2話 「眠れる花嫁と偽の結婚指輪」
第3話 「盗聴された女子大生殺人!!」
第4話 「狙われた赤いピンヒール!!」
第5話 「赤い布の殺人トリック!!」
第6話 「赤い炎と黒ずくめの女!!」
第7話 「白骨死体と外国籍を持つ男」
第8話 「死体の手に書かれた暗号文」
第9話 (最終話)

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


佐久 晋吾(さく しんご) - 小澤征悦
屋敷 大地(やしき だいち) - 塚本高史
谷中 寿也(やなか としや) - 西田敏行
島野 誠(しまの まこと) - 田辺誠一
太田 文平(おおた ぶんぺい) - 神尾佑
加藤 善治(かとう よしはる) - 田中隆三
中藤 卓(なかふじ たく) - 猪野学
風間 輝樹(かざま てるき) - 篠田光亮
小菅 光晴(こすげ みつはる) - 渡辺いっけい

●第1話 「座らされた毒殺死体の謎」

 放送日 2014年4月16日 視聴率 9.1%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #1あらすじ
 商事会社勤務の岡本の遺体が発見された。
現場の状況などから所轄の丸の内西警察署は自殺とほぼ断定しているようだが、刑事部部長・谷中(西田敏行)は、管理官の佐久(小澤征悦)を呼びつけ捜査本部の設置を促す。
 捜査本部設置が決まり、島野係長(田辺誠一)以下、捜査一課13係の刑事たちも動き出す。
「ノンキャリの最年少管理官」「策士と呼ばれている」…
捜査本部を仕切る佐久について噂し、戦々恐々とする刑事たち。
島野も佐久とは今回が初めてだ。
 
 その佐久は、管理官付き運転手兼刑事となった屋敷(塚本高史)に、捜査本部が置かれる所轄署ではなく事件現場へ向かうように指示する。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #1 そのころ丸の内西署では島野ら本庁13係の刑事たちと所轄署刑事たちが対立していた。
所轄はあくまでも自殺と主張、なのになぜ本庁は捜査本部など設置しようというのか!? 
所轄署では捜査本部の会議が始まろうとしていたが、肝心の管理官・佐久の姿がない。
苛立ちを露にする恩田、刑事課長ら所轄署刑事を前に、島野が会議を始めようとすると佐久が何事もなかったかのように入ってきた。

 挨拶など時間のムダと報告を促す佐久。
所轄署刑事から自殺を裏付けるような報告が行われるが、佐久はそれらを言下に否定する。
 唖然とする一同を前に、「あなたたちは駒です。」と言い放つ佐久。
怒った刑事課長は、お目付け役として定年間近の新津(古谷一行)を残して全員を捜査会議から退席させてしまう。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #1 残された数少ない13係の刑事だけでは捜査はできない。
島野は佐久に直訴するが、そんな言葉など耳に入らぬかのように佐久は捜査一課13係の小菅(渡辺いっけい)や太田(神尾佑)らに指示を出す。
 
 様々な思惑をはらみつつ、孤高の管理官・佐久の戦いが静かに幕を開ける…。

動画視聴

●第2話 「眠れる花嫁と偽の結婚指輪」

 放送日 2014年4月23日 視聴率 9.9%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #2あらすじ
 元法務大臣夫人が何者かに殺害された。谷中刑事部長(西田敏行)は浅草中央署署長・須貝(清水章吾)の意思を無視して捜査本部設置を決定。管理官・佐久(小澤征悦)は、島野(田辺誠一)ら捜査一課13係と事件の担当になる。

 所轄署にやってきた佐久らに須貝署長らは猛反発。佐久の「あなたたちは駒です」と言い放つ態度に怒り心頭!谷中から10日で解決を、と指示された佐久だが、須貝はそれを逆手にとり「佐久らに赤っ恥をかかせろ」と岩瀬刑事課長(ダンカン)に命令する。
動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #2 岩瀬は、佐久に報告もあげずに、被害者宅の隣で犬を飼っている男を容疑者として任意同行する。岩瀬は、男が使っていた犬のリードが、被害者の首に残った索条痕と一致したと逮捕状の請求を主張。が、取り調べの様子を見ていた佐久は、男をシロと断言する。その理由とは?

 一方、島野は佐久の方針に背き、秘かに元法相の周辺を探らせる。すると、元法相が現役時代に刑の執行命令を出した死刑囚の身内の一人に、所在がつかめない者がいることがわかった。その死刑囚の息子の逆恨みによる犯行の可能性もある。島野は太田(神尾佑)らに捜査の継続を指示する。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #2 被害者の娘で脳出血のため意識不明のまま入院しているゆかりの夫・磯崎と連絡がとれなくなった。佐久は病院へ行き、意識不明のゆかりが親友の佳世(高野志穂)の仲介で磯崎と病室で結婚式を挙げたことを知るが…

 所轄署員の協力も得られず、島野以下13係の静かな反抗も続く…。ばらばらな捜査本部のまま、事件は意外な急展開を見せる…!窮地の中、佐久のとった“策”とは?!


動画視聴

●第3話 「盗聴された女子大生殺人!!」

 放送日 2014年4月30日 視聴率 10.2%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #3あらすじ
大手新聞社記者・長部が何者かに刺殺された。

 現場のゴミ箱から犯人が処分したと思われる遺留品が見つかったが、佐久(小澤征悦)は完全に無視。所轄の千代田西署・田村刑事課長(矢島健一)らは「俺たちが見つけた物証を無視するのか!」と色めき立つ。

 捜査会議で所轄を無視した指示を出した佐久に、島野(田辺誠一)ら13係の刑事も驚きを隠せない。
小菅(渡辺いっけい)によると、実は佐久は刑事のころ田村課長の部下だったが、田村の指示に従わず捜査から外されていたとか。まさか、その時の報復…!?

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #3 田村らは、佐久の指示に逆らい、遺留品から一人の容疑者を拘束。
意気揚々と報告する田村に、佐久は釈放を命令。

 遺留品は犯人の偽装工作、事件は計画的犯行と断言し、真っ向から田村と対立する。
そして、佐久は田村に1年前のストーカー殺人事件の捜査資料を見せるよう要求する。
当時、長部が勤務していた大手新聞社が、警察がマークしていた被疑者をスクープしていたのだ。

 佐久の突然の命令に青ざめる田村。
怪しげな動きをみせる所轄署・・・そこにはどんな事実が…?

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #3 一方、屋敷(塚本高史)は刑事部長の谷中(西田敏行)に、佐久と所轄との関係がこじれていることを報告。
佐久の泣きっ面を見るのも一興だ、とうそぶく谷中。
しかし、谷中は佐久が1年前の事件に興味を示すことに気付いていたのではないか。
屋敷はふとそんな疑問を口にするが、谷中は自分は超能力者ではないと煙に巻く。

 佐久の読みどおり、新聞記者殺しとストーカー殺人はつながるのか。
スクープ記事に隠された秘密、そして田村ら所轄署が抱える闇とは?

動画視聴

●第4話 「狙われた赤いピンヒール!!」

 放送日 2014年5月7日 視聴率 9.6%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #4あらすじ
 OLが足を多数刺された上に殺害された。
北品川署の狩野署長(山田明郷)が、女性会社員殺害事件の捜査本部の管理官に佐久(小澤征悦)を指名してきた。細川庶務担当管理官(飯田基祐)によると、北品川署の陣内副署長(山田純大)はかつて優秀な管理官として活躍。狩野としては並みの管理官ではやりにくいと思ったらしい。
 細川からそんな話を聞いた谷中刑事部長(西田敏行)はいぶかるものの、佐久と捜査一課13係を北品川署へ送る。

 捜査会議では陣内ら北品川署の刑事たちが迅速な初動捜査の結果を披露。
さすがは“じんそく”とあだ名される陣内。島野(田辺誠一)ら13係の刑事たちもミリタリージャケットを着た被疑者を追うことで意見は一致、さすがの佐久も今回ばかりは異論を挟む余地もなく、ただ黙って会議に参加している。
そんな一連の流れを見ていた屋敷(塚本高史)は「序盤は“じんそく”ペース」と谷中にメールを送る。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #4 新たにOLの他殺体が発見された。
同様に脚の数カ所に刺し傷があり、陣内は同一犯の可能性を示唆。
防犯カメラにミリタリージャケットの人物が映っていたことから、捜査本部は陣内の指揮の下、同一犯の犯行として事件を追う。

 鮮やかな陣内ら所轄主導の捜査に13係も協力。
佐久だけが浮いた形となるが、実はすべてが狩野署長と細川の思い描いていたことだった。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #4 佐久ら本庁が所轄の言いなりとなる形で事件を解決、谷中刑事部長に貸しを作り、狩野自らが出世の踏み台にしようとしていた。
狩野が出世すれば、細川も狩野に取り立ててもらう、という約束で…。

 目撃情報からミリタリージャケットの男の似顔絵が作成され、武藤(今野浩喜)という男を確保するが佐久が島野にある疑問を提示する。
 佐久の反撃がいよいよ始まった!

動画視聴

●第5話 「赤い布の殺人トリック!!」

 放送日 2014年5月14日 視聴率 10.6%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #5あらすじ
 大手レストランチェーンの社長夫妻が殺害され、所轄の中野中央署に捜査本部が立ち上げられた。
警視庁の八神捜査一課長(佐藤浩市)は、中野中央署は良くも悪くも平均点、中流は人望がないと動かない、と、担当管理官の佐久(小澤征悦)に忠告する。
 そんな八神の心配をよそに佐久は、捜査会議で所轄署刑事たちの初動捜査による単独犯説を一掃。複数犯の可能性を示唆し、所轄署刑事たちの反感を買い、捜査本部の空気は一気に険悪になる。

 そんな雰囲気の中、ベテランの所轄署刑事・師岡(でんでん)だけは佐久の手腕に感心し、13係の刑事たちに近寄ってくる。噂によると、師岡のあだ名は“太鼓持ち”。今回もやり手の佐久にすり寄ってきただけかもしれないが、佐久はまったく意に介さない。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #5 佐久の指示で、捜査本部は単独犯として捜査を進めるA班、複数犯の可能性を探るB班と2班体制で捜査を行うことに。所轄の渡辺警部(青山勝)が指揮をとるA班は、佐久の鼻を明かそうと気合い十分。
 一方、島野(田辺誠一)が指揮するB班は今一つ志気が上がらない。13係からB班の一員となった小菅(渡辺いっけい)もお手上げだ。

 被害者の社長が暴力団関係者と金銭トラブルがあった可能性が浮上した。B班の島野と小菅が手をこまねいていると、地元の暴力団のことなら、とA班の師岡が協力を申し出る。
 その師岡のおかげで男たちの任意同行に成功するのだが、取り調べでは物証がないことを見透かされ、何も得られず帰してしまう。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #5 一方でA班の調べで、遺留品の衣類を身に付けたホームレスが目撃されていたことがわかった。被害者の会社関係者の証言から、生前被害者がホームレスと言い争いをしていた事実も判明。事件は一気に単独犯へと傾いていく。

 それでも複数犯説を主張する佐久は、その証拠が挙がらないのは捜査員に原因があるとB班の小菅らを非難する。佐久のやり方を理解していたはずの小菅だったが、ついに怒りを露にして…。捜査本部はこのまま破綻してしまうのか。

動画視聴

●第6話 「赤い炎と黒ずくめの女!!」

 放送日 2014年5月21日 視聴率 8.7%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #6あらすじ
 大手百貨店の社員が焼死する放火事件が発生した。
担当管理官となった佐久(小澤征悦)は、刑事部長の谷中(西田敏行)から公正取引委員会の中井(堀部圭亮)を紹介される。

 中井は、被害者・百瀬が百貨店の産地偽装疑惑に深くかかわっていたことを明らかにする。
百瀬が死んだのは公取の聞き取りの前日。まさか口封じのために殺されたのか?!

 産地偽装の捜査を邪魔されたくない中井は、百貨店への聞きこみは、すべて自分の許可を得てから行うように、と通告する。
捜査を制限されてはたまったものではないと、13係の太田(神尾佑)らは怒りを露にするが、佐久は平然と島野係長(田辺誠一)に「中井さんの下でサポートを」と指示。
太田らの怒りを煽ってしまう。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #6 百瀬をストーキングしていた春海(星野あかり)が容疑者として浮上するが、アリバイが成立。現場に残されたライターの指紋も春海とは一致せず、早期釈放となってしまう・・・。

 一方、火事で被害にあった百瀬の妻・真理子(宮地真緒)を見舞った佐久は、付き添っていた女性警官・麻紀(近野成美)と顔を合わせる。
所轄のストーカー担当・麻紀は、春海のストーカー行為に悩む真理子の面倒を親身にみており、今も春海を疑っているようだ。佐久は麻紀から春海の嫌がらせメールを入手する。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #6 捜査会議で島野は、百瀬の上司・路子(濱田のり子)の取り調べや指紋の照合を提案するが、中井の許可が得られない。中井は島野らと百貨店の聞き込みに同行していたが、資料が火事で焼けてしまったと成果はゼロ。その後も中井はことごとく捜査の進展を妨げるが、さすがの佐久も手出しできない。

 そんな折、百貨店の産地偽装疑惑が夕刊紙にスクープされた。自らの調べた情報がすべて記事となった事態に、中井は捜査本部の何者かがリークしたと怒りを露にする。しかし、記事をきっかけに路子ら百貨店関係者が動き始めた!
 リーク元を探しに出た中井をよそに、佐久ら捜査本部は本格的に百貨店の捜査に入る。百瀬を殺害したのは百貨店関係者か?公取が追う産地偽装疑惑の行方は??二転三転する事件の結末とは?!

動画視聴

●第7話 「白骨死体と外国籍を持つ男」

 放送日 2014年5月28日 視聴率 9.4%

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7あらすじ
 八王子の開発地から白骨死体が発見され、被害者は3年前に殺された男と判明した。投資ファンドの代表・仲正利樹(西村雅彦)が容疑者として浮上したが、仲正は事件直後に外国へ移住。現地で国籍とパギ・スカルナという新たな名前を取得し、伯爵の称号も手に入れていた。

 法律上はスカルナという別人となった仲正を任意同行しようにも大使館が拒否。さらには外務省も佐久(小澤征悦)や島野(田辺誠一)に圧力をかけてくる。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 仲正を逮捕するには、DNA鑑定でスカルナが仲正であることを証明しなければならない。しかし、スカルナは3日後には帰国してしまう。それまでにDNA鑑定に必要な証拠を採取しなければならないのだが…。

 仲正がとある児童養護施設に長年寄付を続けていることがわかった。寄付は樹理(浅見れいな)という身寄りのない重度の腎疾患を患う車椅子の女性が入所したころから始まっており、現在も生活費や治療費が定期的に振り込まれている。樹里と仲正との関係は…娘なのか?!

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 佐久は「今回は私が駒になります」と言うと、樹里の住むマンションの警備員を装い樹理に接近。仲正が樹理に教えた缶詰めを使ったフルーツジュースを振る舞うなど、巧みに樹理の心を解きほぐしていくと、仲正が毎年樹理の母・真理の命日に花を供えていることを聞きだす。その命日は明日!佐久は、仲正とこの10年会っていないという樹理を明日、母の墓参りに連れて行くと約束する。

 命日に仲正は現れた。しかし、その日の夜には日本を出国する仲正。
DNA鑑定のための証拠を採取するのに残された時間は、あと4時間。万全の態勢の中、佐久は樹理を連れて母親の墓前へ。ついにスカルナこと仲正と対峙することになるのだが…。

動画視聴

●第8話 「死体の手に書かれた暗号文」

 放送日 2014年6月4日 

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7あらすじ
 メタンハイドレート研究の第一人者、関田博士(浅野和之)が半年前の女性研究員殺害事件に関与している。そんな書き込みを見つけた佐久(小澤征悦)は、谷中刑事部長(西田敏行)に再捜査を直訴。解散した捜査本部を島野(田辺誠一)ら13係とともに立ち上げる。

 前回の捜査で目撃証言から被害者をストーカーしていたらしい男が容疑者として浮上。似顔絵も作成され、継続捜査班がその男の行方を追っていたが、佐久は「捜査の邪魔になる」とそれらの情報の処分を命じる。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 佐久の指示で事件を洗い直すと、目撃証言も、ストーカーの存在すらも怪しいものであることがわかった。目撃者の一人で関田のラボにいた大学院生・高橋(山口大地)もよく顔は見えなかったと証言。ただ、被害者の自宅近くでストーカーらしい男を目撃したことだけは本当だという。

 いずれにしても前回の捜査本部による捜査はいい加減だったと言わざるを得ない。事件を引き継いだ所轄署の小川(モロ師岡)らも責任を感じ、島野らと一つになって犯人逮捕に尽力すると決意を固める。生まれ変わったような所轄署の刑事たちを目の当たりにした島野らは、佐久の策が当たったことを実感する。

 経済産業省の陶久(中村育二)が佐久を呼び出すと、捜査に圧力をかけてきた。関田が犯人であった場合、メタンハイドレートの研究が止まってしまう。国益を優先する経産省は、先の捜査本部にも圧力をかけ、事件を未解決のまま解散させたらしい。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 そんな経産省の要求をはねつけた佐久だったが、今度は谷中が佐久に事件をうやむやに終わらせるよう提案する。メタンハイドレートが生み出す7000兆円という利益は守らなければならない。しかし、佐久は「7000兆円など関係ない」と言い放つ。初めて面と向かって谷中の指示を拒否した佐久。

 谷中は屋敷(塚本高史)に対して、佐久の部屋に盗聴器を仕掛けるようひそかに命じる。佐久と谷中の関係はほころびを見せ始める。

 捜査本部をまとめたものの、巨大な敵に捜査を阻まれる佐久。窮地を打開するための策とは?

動画視聴

●第9話 (最終話)

 放送日 2014年6月11日 

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7あらすじ
 メタンハイドレート研究の第一人者、関田博士(浅野和之)が半年前の女性研究員殺害事件に関与している。そんな書き込みを見つけた佐久(小澤征悦)は、谷中刑事部長(西田敏行)に再捜査を直訴。解散した捜査本部を島野(田辺誠一)ら13係とともに立ち上げる。

 前回の捜査で目撃証言から被害者をストーカーしていたらしい男が容疑者として浮上。似顔絵も作成され、継続捜査班がその男の行方を追っていたが、佐久は「捜査の邪魔になる」とそれらの情報の処分を命じる。

 佐久の指示で事件を洗い直すと、目撃証言も、ストーカーの存在すらも怪しいものであることがわかった。目撃者の一人で関田のラボにいた大学院生・高橋(山口大地)もよく顔は見えなかったと証言。ただ、被害者の自宅近くでストーカーらしい男を目撃したことだけは本当だという。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 前回の捜査で目撃証言から被害者をストーカーしていたらしい男が容疑者として浮上。似顔絵も作成され、継続捜査班がその男の行方を追っていたが、佐久は「捜査の邪魔になる」とそれらの情報の処分を命じる。
 いずれにしても前回の捜査本部による捜査はいい加減だったと言わざるを得ない。事件を引き継いだ所轄署の小川(モロ師岡)らも責任を感じ、島野らと一つになって犯人逮捕に尽力すると決意を固める。生まれ変わったような所轄署の刑事たちを目の当たりにした島野らは、佐久の策が当たったことを実感する。

 経済産業省の陶久(中村育二)が佐久を呼び出すと、捜査に圧力をかけてきた。関田が犯人であった場合、メタンハイドレートの研究が止まってしまう。国益を優先する経産省は、先の捜査本部にも圧力をかけ、事件を未解決のまま解散させたらしい。

動画:TEAM~警視庁特別犯罪捜査本部 #7 そんな経産省の要求をはねつけた佐久だったが、今度は谷中が佐久に事件をうやむやに終わらせるよう提案する。メタンハイドレートが生み出す7000兆円という利益は守らなければならない。しかし、佐久は「7000兆円など関係ない」と言い放つ。初めて面と向かって谷中の指示を拒否した佐久。

 谷中は屋敷(塚本高史)に対して、佐久の部屋に盗聴器を仕掛けるようひそかに命じる。佐久と谷中の関係はほころびを見せ始める。

 捜査本部をまとめたものの、巨大な敵に捜査を阻まれる佐久。窮地を打開するための策とは?

動画視聴

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。