PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ヤスコとケンジ


© Nippon Television Network Corporation

ヤスコとケンジ


『ヤスコとケンジ』とは、アルコによる日本の漫画作品。『デラックスマーガレット』(集英社)2004年1月号で読み切り版を発表した後、『別冊マーガレット』2005年4月号から2006年11月号にかけて連載。単行本は全5巻。略称「ヤスケン」。
2008年7月12日から9月20日まで日本テレビの『土曜ドラマ』枠(土曜日21:00 - 21:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は松岡昌宏。

ヤスコとケンジ エピソード一覧


第1話 「アニキは元暴走族! 妹を守る…これが俺の正義だ!!」
第2話 「純情レディース総長の変身告白」
第3話 「暴走! お見合い作戦 涙の玉子焼」
第4話 「妹に贈る涙の誕生日プレゼント」
第5話 「椿君に恋敵!? 沖さんは僕が守る」
第6話 「元ヤン同士の純愛は傷だらけ!!」
第7話 「正体バレた!? コスプレ替玉作戦」
第8話 「兄に贈る! 涙の漫画家復帰作戦」
第9話 「悲しい結末…妹の初恋を救え!!」
第10話 「10年愛の行方…アニキの幸せは私達が守る!!」

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


沖 ケンジ - 松岡昌宏
椿 エリカ - 広末涼子(レディース時代:小林きな子)
沖 ヤスコ - 多部未華子(幼少期:八木優希)
椿 純 - 大倉忠義(関ジャニ∞)
真行寺 ひよこ - 小嶋陽菜(AKB48)

ヤスコとケンジ DVD-BOXヤスコとケンジ DVD-BOX
(2009/01/16)
松岡昌宏、広末涼子 他



●第1話 「アニキは元暴走族! 妹を守る…これが俺の正義だ!!」

 放送日 2008年7月12日 視聴率 12.3%

動画:ヤスコとケンジ #1あらすじ
 高校に通う沖ヤスコ(多部未華子)の最大の悩みは、12歳年上の兄・ケンジ(松岡昌宏)のこと。両親が10年前に死亡したため、以後、ケンジとヤスコは、兄妹二人暮らし。元暴走族の総長をしていたケンジは、ヤスコを守ることに命をかけており、小遣いの額から生活のタイムテーブルまで、ヤスコに関することすべてに口やかましく干渉する。17歳になったヤスコは、ケンジの過干渉が煩わしくて仕方なかった。
 ケンジの仕事は、“桜葉れいか”というペンネームで正体を隠した少女漫画家。読者人気ダントツ1位の“桜葉れいか”の仕事は、暴走族時代の手下、モス(内山信二)とアジダス(渡部豪太)がアシスタントとして手伝っていた。

 そんなある日、ヤスコは登校中に偶然ぶつかった超イケメンの椿純(大倉忠義)に一目ぼれ。しかも純は、ヤスコと同じ高校にやってきた転校生だった。

 下校途中、オープンしたての花屋の前を通ったヤスコは、その花屋が純の家で、姉のエリカ(広末涼子)が切り盛りしていることを知る。エリカにお茶とケーキをご馳走になり、純からひまわりの花をプレゼントされたヤスコは、大感激。しかし帰宅後、いつもと様子が違うヤスコに気付いたケンジは、部屋を勝手に調べ、オトコが出来たと推測して、叱りつける。もちろんヤスコはこれに大反発!壮大な兄妹喧嘩が勃発して…

動画視聴

●第2話 「純情レディース総長の変身告白」

 放送日 2008年7月19日 視聴率 13.1%

動画:ヤスコとケンジ #2あらすじ
 ヤスコ(多部未華子)と純(大倉忠義)はまさにロミオとジュリエット状態。
お互いの兄、姉の因縁のおかげで、このままでは結ばれる事がない、そう思ったヤスコはある作戦を立てる。それは、ケンジ(松岡昌宏)とエリカ(広末涼子)を相思相愛にすること。そうすれば、ヤスコ自身も晴れて純と付き合えるのでは、と考えたのだ。ヤスコは、すぐにエリカに、ケンジと付き合って欲しい、と頼み込むが、ケンジと電話で話したとたん、エリカはいつものように豹変してしまい、失敗。
ケンジは激昂し、ヤスコと大喧嘩に発展。そんな最中、ケンジは、過労が原因で倒れてしまう。そこで、ヤスコはある計画を思いつくが――。

動画視聴

●第3話 「暴走! お見合い作戦 涙の玉子焼」

 放送日 2008年7月26日 視聴率 11.2%

動画:ヤスコとケンジ #3あらすじ
 ケンジ(松岡昌宏)が叔母の文江(高橋惠子)の紹介で、なんとお見合いをすることに。
お見合い相手の愛(佐藤江梨子)は、ケンジのことを気に入り、家に出入りするようになる。美人でスタイル抜群、おまけに料理上手の愛の出現に、エリカ(広末涼子)はもちろん、ヤスコ(多部未華子)も心穏やかではない。まもなく、エリカは、ケンジを賭けて愛と料理対決をするが、あっさり敗北。エリカがケンジから身を引くと宣言する中、ヤスコもケンジの幸せを考え、ある計画を実行する――

ゲスト:佐藤江梨子、大浦龍宇一

動画視聴

●第4話 「妹に贈る涙の誕生日プレゼント」

 放送日 2008年8月2日 視聴率 12.9%

動画:ヤスコとケンジ #4あらすじ
 ヤスコ(多部未華子)は、純(大倉忠義)の誕生日が自分の両親の命日と同じ日だと知る。その日はケンジ(松岡昌宏)と一緒に墓参りに行くことになっており、せめてプレゼントだけでもしようと思ったヤスコは、ケンジに内緒で、エリカ(広末涼子)の店でバイトを始める。
 そんな中、バイトのことを知って怒鳴り込んできたケンジの話から、ヤスコの誕生日も純と同じだったということが明らかに。なぜ、自分の誕生日のことを何も言わなかったのか気になったエリカは、渋谷(嶋 大輔)を訪ねて事情を聞くと驚愕の事実が明らかになって――。

ゲスト:二瓶鮫一

動画視聴

●第5話 「椿君に恋敵!? 沖さんは僕が守る」

 放送日 2008年8月9日 視聴率 10.6%

動画:ヤスコとケンジ #5あらすじ
 大学の推薦試験が近付いた純(大倉忠義)は、勉強の日々。純が予備校の夏期講習に行っていると知ったヤスコ(多部未華子)は、告白するチャンスとばかり同じ予備校に通い始める。ケンジ(松岡昌宏)は、ヤスコがようやく勉強をする気になった、と大喜び。そんな中、ヤスコは純から、小学校時代の同級生だという山田幹夫を紹介される。幹夫は、何をやらせても自分より上にいく純がねたましくてたまらない。ヤスコと純が一緒にいるのを見かけた幹夫は、ヤスコを自分のものにしようと、動き始めて――。

ゲスト:安田章大(関ジャニ∞)、阿南健治、遠藤要

動画視聴

●第6話 「元ヤン同士の純愛は傷だらけ!!」

 放送日 2008年8月16日 視聴率 12.3%

動画:ヤスコとケンジ #6あらすじ
 ケンジ(松岡昌宏)の生き方を学びたいと、純(大倉忠義)が見習い志願でやってくる。大喜びのヤスコ(多部未華子)だが、その一方でアジダス(渡部豪太)は、純に仕事を取られるのではないかと気が気ではない。まもなく、かおり(山口紗弥加)が、自分を銀行員と偽って、知り合った男とデートを重ねていることが分かる。かおりとは幼なじみで、密かに恋していたアジダスは、自棄になり、街で暴力沙汰を起こしてしまう。ケンジは、アジダスが喧嘩沙汰で大事な利き腕を怪我したことを叱責する。そんな中、かおりの相手の男の悪辣な正体を知ったアジダスは――。

ゲスト:宅間孝行、ザ・たっち

動画視聴

●第7話 「正体バレた!? コスプレ替玉作戦」

 放送日 2008年8月23日 視聴率 14.9%

動画:ヤスコとケンジ #7あらすじ
 『桜葉れいかの正体は、元暴走族総長だ』との情報がネット上に流れる。
優紀子(櫻井淳子)は、ゴシップ紙の記者にその証拠写真を突き付けられ、真相を明かすよう迫られる。ヤスコ(多部未華子)は、純(大倉忠義)から、エリカ(広末涼子)を“桜葉れいか”に仕立てて危機を乗り切ろうというアイデアをもらい、ケンジ(松岡昌宏)を説得。エリカは記者の目前で、見事に“桜葉れいか”を演じきる。
 ところが、突然、青田(RIKIYA)に呼び出されたエリカは、ケンジを盗撮したビデオを見せられ――。

ゲスト:小木茂光、ザ・たっち

動画視聴

●第8話 「兄に贈る! 涙の漫画家復帰作戦」

 放送日 2008年9月6日 視聴率 13.0%

動画:ヤスコとケンジ #8あらすじ
 漫画家を辞めた後、ケンジ(松岡昌宏)は生活のためアルバイトをしてみるものの、失敗続きで上手くいかない。そんな中、渋谷(嶋 大輔)の計らいもあり、屋台のラーメン屋を始めることに。そんな矢先、モス(内山信二)とアジダス(渡部豪太)が遊びで書いたマンガ原稿を発見。2人の未練を断ち切るため、ケンジは、あえて漫画の仕事道具を燃やしてしまう。しかし、漫画を一番描きたがっているのがケンジだと思うヤスコ(多部未華子)は、エリカ(広末涼子)、かおり(山口紗弥加)らに応援を頼み、桜葉れいかの復活のための行動を起こすが――。

ゲスト:夏八木勲、河原さぶ、大河内浩、六角精児、なすび

動画視聴

●第9話 「悲しい結末…妹の初恋を救え!!」

 放送日 2008年9月13日 視聴率 13.4%

動画:ヤスコとケンジ #9あらすじ
 エリカ(広末涼子)と純(大倉忠義)の父親・享(夏八木勲)が現れる。享は、エリカに縁談を薦め、純には海外で留学するよう指示する。だが、ケンジ(松岡昌宏)たちと過ごす時間の楽しさを知った純は、なかなか留学に踏み切れない。これに気付いた享は、ヤスコ(多部未華子)に、純とヤスコとは住む世界が違うと告げ、さらに、ケンジの力になるとの交換条件を付けて、純の背中を押して欲しい、と頼み込む。純の将来を思って下したヤスコの決断は――

ゲスト:夏八木勲、長野博(V6)

動画視聴

●第10話 「10年愛の行方…アニキの幸せは私達が守る!!」

 放送日 2008年9月20日 視聴率 16.3%

動画:ヤスコとケンジ #10あらすじ
いよいよ最終回です!
エリカの想いはケンジに届くのか?
ヤスコと純はこのまま付き合うことが出来るのか?
ケンジのマンガ家として再デビュー飾ることが出来るのか?
全ての答えはこの放送にあります。
是非、最後の時間をお過ごし下さい。


ゲスト:夏八木勲、長野博(V6)、中丸新将、工藤俊作、賀川黒之助

動画視聴
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。