PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

北斗の拳2 天帝編


© hokuto-no-ken.jp

『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作:武論尊、作画:原哲夫による日本の漫画作品。「おまえはもう死んでいる!!」1985年10月11日から1987年3月5日まで全152話が放送されたシリーズ。原作は少年ジャンプに連載されて人気を集めていた武論尊、原哲夫の同名漫画「北斗の拳」。過激な描写と熱いストーリーで人気を博したTVアニメ『北斗の拳』は、ふたつのシリーズに別れて放送された。シンに奪われた恋人ユリアを取り戻すために荒野に立ったケンシロウの登場から北斗兄弟の長兄・ラオウとの決着を描いた前期シリーズ『北斗の拳』。そして、激戦から数年が経過し、動乱の世で再び現れたケンシロウと帝都の軍の戦い、さらにはケンシロウの生い立ちと北斗2000年の歴史が明かされる修羅の国での死闘を描くのが後期シリーズ、『北斗の拳2』。北斗、南斗、元斗の男たちが入り乱れ、覇を争う世紀末…。宿命によって繰り広げられるその戦いの果てに時代は誰を最強の男として選ぶのか・・・!?

北斗の拳 エピソード一覧



北斗の拳2 天帝編


 ※各エピソード【1話(110)~13話(122)】へジャンプできます。

北斗の拳2 天帝編 DVD一覧


TVシリーズ 北斗の拳 Vol.19 [DVD]
vol.19
109~114話
TVシリーズ 北斗の拳 Vol.20 [DVD]
vol.20
115~120話
TVシリーズ 北斗の拳 Vol.21 [DVD]
vol.21
121~126話


●第1話(110) 「時は流れ また時代が動いた…!!」

 1987年3月12日放送

北斗の拳2 第1話(110) 「時は流れ また時代が動いた…!!」あらすじ (ストーリー)
勇敢な青年になったバットと美しく成長したリンは、ジャコウと天帝の圧制に苦しむ人々を助けようと『北斗の軍』を結成。戦いなれぬ人々を率いて苦戦を続けてながら、伝説の救世主ケンシロウの出現を待ち続けていた。一方、場末の貧しい村にひとりの流れ者が姿を現していた。すっかり憔悴しきった彼を救ったのは、貧しさにあえぐ村でも正義感と優しさを失わぬ少年・ハルだった。

動画視聴

●第2話(111) 「あいつはいつ目覚めるのか…!?」

 1987年3月19日放送

北斗の拳2 第2話(111) 「あいつはいつ目覚めるのか…!?」あらすじ (ストーリー)
ハルに助けられた『流れ者』は、ハルが働くバーで身体を休めていた。そこへやって来る天帝軍の死刑官ゲルド。奴はかつて天帝に反旗を翻した『赤龍党』の残党狩りを楽しんでいた。自爆してでもゲルドを倒そうとするハルの前でマントを取る『流れ者』。彼こそ「北斗神拳伝承者ケンシロウ」だったのだ!

動画視聴

●第3話(112) 「救世主、北より来たる!!」

 1987年3月26日放送

北斗の拳2 第3話(112) 「救世主、北より来たる!!」あらすじ (ストーリー)
隠密行動をとっていたリンとバット。だが、エリア司令官バスクの手下によって、何の関係もないただの若い男女がリンとバットとして捕らえられてしまう。しかも非情なバスクは、その女を見せしめに処刑しようとする。死を覚悟して名乗りをあげようとするリンとバット。そこに、突然現れた『男』…それは、ラオウの愛馬「黒王号」を従えたケンシロウだった!

動画視聴

●第4話(113) 「謎の賞金稼ぎアイン! 俺がケンシロウの首をとる!!」

 1987年4月2日放送

北斗の拳2 第4話(113) 「謎の賞金稼ぎアイン! 俺がケンシロウの首をとる!!」あらすじ (ストーリー)
ケンシロウがようやく北斗の軍に合流したことで、リンやバットはもちろん軍の誰もが心強く思っていた。そんな中、ケンシロウの存在はエリア司令官ゲイラにも報告されていた。賞金首を届けに来た賞金稼ぎのアインは、ゲイラから最高の賞金首ケンシロウのことを聞かされ「自分が倒す」と鼻息を荒くする。

動画視聴

●第5話(114) 「また一つ暗殺拳! その名は元斗皇拳!!」

 1987年4月9日放送

北斗の拳2 第5話(114) 「また一つ暗殺拳! その名は元斗皇拳!!」あらすじ (ストーリー)
かつてケンシロウと共に戦った南斗水鳥拳のレイは、とある豊かな村に葬られていた。だが、マミヤ、アイリもいるその村は天帝軍の将、元斗皇拳・紫光のソリアによって襲撃されてしまう。エリア攻略のため活動をしていた北斗の軍は、ちょうどその付近を行軍中。村の異変を目撃しケンシロウが助けに走る!

動画視聴

●第6話(115) 「天帝怒る! ファルコ、北斗を地上より根絶やしにせよ!!」

 1987年4月23日放送

北斗の拳2 第6話(115) 「天帝怒る! ファルコ、北斗を地上より根絶やしにせよ!!」あらすじ (ストーリー)
北斗の軍を待ち受ける、天帝軍の将にして元斗皇拳・最強の男、金色のファルコ。ファルコたったひとりに敗北を喫した北斗の軍。全員の命と引き換えに、リーダーの抹殺を要求するファルコ。リーダーを名乗り、リンを守ろうとするバットだが、ファルコはリンこそが本当のリーダーであると見抜く。ファルコとリンの因縁とは!?

動画視聴

●第7話(116) 「南斗の魂燃ゆ! 壮絶ハーン兄弟!!」

 1987年5月7日放送

北斗の拳2 第7話(116) 「南斗の魂燃ゆ! 壮絶ハーン兄弟!!」あらすじ (ストーリー)
北斗のリーダーは抹殺しなければならない…。だが、リンは自分がかつて救った命。運命の皮肉を感じつつ、ファルコはそれでもリンを抹殺しようとしていた。その様子を見ていた犯罪者のハーン兄弟は、見張りの青年に自らを拘束するコンクリートを破壊するよう指示する。彼らもかつてファルコに惨殺された南斗108の流派のひとつ、南斗双鷹拳を受け継ぐ伝承者だったのだ。

動画視聴

●第8話(117) 「アイン危うし! 愛する女に魔の手が伸びた!!」

1987年5月14日放送

北斗の拳2 第8話(117) 「アイン危うし! 愛する女に魔の手が伸びた!!」あらすじ (ストーリー)
「ケンが命を取らなかった男なら、きっと悪い奴じゃない」そう考えたバットは、アインを誘ってたった2人でエリアを一つ攻略してしまう。だが、それが災いし、二人の攻め落としたエリア長官ベロンの目の仇にされ、ベロンはアインの女…アスカを誘拐する。アインの愛する女とは、幼い女の子だった!! 二人の関係は? そして、アインの戦う理由とは?

動画視聴

●第9話(118) 「元斗の猛将ファルコ! そこにはラオウの影が…」

 1987年5月28日放送

北斗の拳2 第9話(118) 「元斗の猛将ファルコ! そこにはラオウの影が…」あらすじ (ストーリー)
元賞金稼ぎのアイン、老将リハクを加えた北斗の軍は、中央帝都を目前にしていた。リハクにより語られるファルコの過去。ラオウと対峙したファルコは、村を守るために自らの足を差し出した過去を持つという。一方、帝都内部では、赤光将軍ショウキがジャコウに反旗を翻す。

動画視聴

●第10話(119) 「帝都にこだます天帝の泣き声! ファルコはいずこに…」

 1987年6月4日放送

北斗の拳2 第10話(119) 「帝都にこだます天帝の泣き声! ファルコはいずこに…」あらすじ (ストーリー)
ジャコウはファルコに命令する。「天帝を助けたくば北斗を倒せ!」と。自分がケンシロウに敗れたならば、ジャコウはすべての責任を天帝になすりつけて逃げるだろう…。そう考えたファルコは、忠実な部下と愛する女ミュウに帝都爆破用の起爆装置を託し決戦の地へと向かった。そしてついにケンシロウとの頂上決戦の火蓋が切って落とされるのだった!

動画視聴

●第11話(120) 「ついに天帝の正体が見えた!!」

 1987年6月11日放送

北斗の拳2 第11話(120) 「ついに天帝の正体が見えた!!」あらすじ (ストーリー)
ケンシロウとファルコの決戦が繰り広げられる中、リンは天帝の声を感じていた。ジャコウの罠で地底深くに突き落とされた一同は、そこで、天帝ルイを発見する。リンとルイは双子の姉妹。「天帝はひとりでなければならない」という掟により、ファルコは幼子のリンを抹殺するようジャコウに指示されたが、密かに彼女を救ったのだった…。

動画視聴

●第12話(121) 「アインの挽歌! 誇りをすてて生きるより熱き死を!!」

 1987年6月25日放送

北斗の拳2 第12話(121) 「アインの挽歌! 誇りをすてて生きるより熱き死を!!」あらすじ (ストーリー)
満身創痍のケンシロウとファルコは、ジャコウの卑劣な手段でピンチに陥っていた。すでに全身血まみれの両者を、ジャコウの射出した巨大槍が襲う! 一刻も早く地下洞窟から脱出し、ファルコとケンシロウが戦う理由など既にないことを伝えたいリンたち。そこでアインは鉄杭を拳で地下水脈まで打ち抜き、地下水の水圧で脱出させようとした。彼の命がけの一撃は、ついに奇跡を起こす!

動画視聴

●第13話(122) 「帝都崩壊! ジャコウ、せめて地獄で夢を見よ!!」

 1987年7月9日放送

北斗の拳2 第13話(122) 「帝都崩壊! ジャコウ、せめて地獄で夢を見よ!!」あらすじ (ストーリー)
切り札の天帝を救出されたことで、もはやジャコウは裸の王様でしかなかった。部下は彼を見捨て、怒りに燃えるファルコに滅殺されてしまう。平和が訪れた喜びも束の間。緑光のタイガが、リンを連れ去り「死の海」を渡ろうとしているという事実が発覚する。ケンシロウは、アインの生き様を心に焼き付け、タイガを追うことを決意。それは新たな戦いの序曲だった…。

動画視聴

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。