PR

カテゴリ

50音順 インデックス

最新記事

英検1級単語ドリル 黒猫版


RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ホワイトチャペル 終わりなき殺意



Whitechapel


ストーリー
かつて逃げ去った“切り裂きジャック”が、再びロンドンに現れた!?警察と犯人が熾烈な攻防を繰り広げるサスペンス・ミニシリーズ。19世紀末に殺人鬼“切り裂きジャック”が現れたロンドンのホワイトチャペルで120年後の2008年、再び連続猟奇殺人事件が発生。何と“切り裂きジャック”そっくりに女性の喉をかき切る、模倣犯のしわざと思われる。
 所轄署に着任したばかりのキャリア警察官僚のジョー・チャンドラー(「バーン・アップ 石油利権の闇」のルパート・ぺンリー=ジョーンズ)が捜査を指揮するが、なかなか犯人に近づくことができない。捜査陣もマスコミもいずれも120年前の事件を参考に犯人像に迫ろうとするが、犯人はその包囲網をあざ笑うかのごとく突破していく。
 チャンドラーは部下のマイルズ(『あるスキャンダルの覚え書き』のフィリップ・デーヴィス)や“切り裂きジャック研究家”のブキャン(『名犬ラッシー』のスティーヴ・ペンバートン)と協力し合い、何とか事件の解決をめざす。
 “切り裂きジャック”事件のように未解決に終わらせたくない当局と、残忍かつ知的な犯人が繰り広げる頭脳戦をスピーディかつスリリングに描写。
 近年、米国のミステリー・ドラマが人気だが、ミステリー王国・英国の底力を感じさせる、新たな力作が登場。

ホワイトチャペル 終わりなき殺意 エピソード一覧


シーズン 1 エピソード 1 蘇生
シーズン 1 エピソード 2 幻影
シーズン 1 エピソード 3 標的

登場人物 ・ 出演者 (キャスト)


ジョー・チャンドラー:ルパート・ペンリー=ジョーンズ
マイルズ:フィリップ・デーヴィス
バッカン:スティーヴ・ペンバートン
フィッツ:クリストファー・フルフォード




●シーズン 1 エピソード 1 蘇生



動画:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 【字幕】 Whitechapel S1-01:蘇生 ++あらすじ
初めて殺人事件を指揮することになった、エリート幹部候補のジョー・チャンドラー警部補。本庁への栄転前に一度現場を知っておくためだったが、捜査は難航してしまう。そんな中、バッカンという男が現れ、今回の事件は切り裂きジャックの模倣犯によるものだと指摘する。部下たちはその指摘を笑い飛ばすが、調査の結果、模倣犯と疑われる事件がもう1件あった。両事件とも、120年前と同じ日時で、場所も近いことがわかり……。

動画視聴 : 字幕

●シーズン 1 エピソード 2 幻影



動画:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 【字幕】 Whitechapel S1-02:幻影 あらすじ
次の事件が起きると思われていた現場で、バッカンが逮捕されてしまう。彼は、犯人を捕らえようと待ち伏せをしていたのだった。その逮捕劇のせいで、肝心の現場が無人になってしまい、地域支援官のメアリーが惨殺される事件が発生。監視カメラの映像から、犯行には臓器運搬も手がける医療品会社の車が使われていたことが判明する。そして犯人とされる男は、バッカンのウェブサイトの熱心なファンであったことも発覚し……。

動画視聴 : 字幕

●シーズン 1 エピソード 3 標的

 

動画:ホワイトチャペル 終わりなき殺意 【字幕】 Whitechapel S1-03F:標的 あらすじ
ジョーは120年前の資料を手がかりに、犯人のアパートを発見する。そこには次の被害者の特徴とされる赤毛の女性の写真があった。それは聞き込みに行った病院の看護師だった。そしてジョーは、その病院のデイヴィッド・コーエン医師が真犯人であることに気づく。120年前、警察がユダヤ系の身元不明者のことをそう呼んでいた事実もあった。ジョーたちは看護師を捜索し、命の危険が迫っていた彼女を救うことに成功するが……。

動画視聴 : 字幕



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。